ベトナム・ホーチミンシティ滞在記 まとめ

マリオットAPの「エクスプローラー・コレクション」というオプションを利用し、ベトナム・ホーチミンシティにある「ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン」に泊まりました。
今回の投稿は滞在記のまとめです。


ベトナムコーヒー
=古いアパートをリノベーションしたカフェで=

■良かったこと 物価が安く、食事がおいしい!! 以下はその一例
※10K=10,000 VND(ベトナム・ドン)は約50円

1.ビール スーパーでローカルの「333」や「ビアサイゴン」[ともに330mm缶]で10K VND
2、フォー チェーン店の「コムフォー」で1杯40K VND
3.バインミン(フランスパンのサンドイッチ)がドリンク付きで20K VND
4.観光客がメインのレストラン ビールも飲んで一人1,500円~2,000円くらいで十分な量



ビールがおいしい
=ローカルブランドの「サイゴン・スペシャル」=


世界基準なのか各種ドリンクは日本とほとんど変わらない価格
=ホーチミン市内のスタバ=

■良くなかったこと≒注意すること ※被害に遭いそうになったこと

1.空港からのタクシーは必ず乗車前に事前交渉と料金の確定を
空港のタクシー乗り場で配車している係員に「メータータクシーか?」と確認して誘導されても、実際はメーターを作動させない運転手がほとんど。乗車前に個別に運転手と交渉をしたほうが良い。
2.日本語で親切を装い近寄ってくる人に注意
街中で地図を見ていたりしていると、先ず英語で話しかけてきて日本人と分かると片言の日本語で親切に助けてくる人がいるが、最終的に何か買わせようとするので無視した方が良い。

これまでタイのバンコクを気に入って数回訪問しており、あくまで個人的な意見だが、バンコクでは上記2点のようなことに遭遇しそうになったことすらない。ちなみにインドネシアのバリ島の空港タクシーもほとんどがボッタクリということは有名らしい。
同じ東南アジアでも国ごとに色々な事情があることを少し意識するだけで、トラブルを事前に回避して快適に旅行を楽しめることでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ

にほんブログ村

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

※ご利用の際は事前に最新情報のご確認を

 

カテゴリー: エクスプローラー・コレクション, マリオットリワード | ベトナム・ホーチミンシティ滞在記 まとめ はコメントを受け付けていません。

ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン その3

マリオットAPの「エクスプローラー・コレクション」というオプションを利用し、ベトナム・ホーチミンシティにある「ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン」に泊まりました。
滞在記その3はホテルの周辺についてです。


60F超の高さを誇る経済成長著しいベトナムの象徴
=フィナンシャル・タワー=


古き良き欧州が薫る名門ホテルの前には欧州を代表するスーパーカーが何と3台も!!
=ホテル・コンチネンタル・サイゴン=




屋台スタイルのレストランでベトナム料理を堪能
=ニャハンゴン=




ホーチミン・シティの象徴
=人民委員会庁舎=


1925年創業の名門ホテル。戦時中に日本が運営していたことも。
=マジェスティック・ホテル=




ベトナム産カカオを使用したチョコレート。色んな風味を少しずづ楽しめるので人気のお土産。
=フェーヴァ・チョコレート=(タカシマヤの地下で購入)

以上、写真にてご案内したところへはホテルから徒歩圏です。
ショッピングに食事に見どころが沢山あります。
是非、再訪したい街です。

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ

にほんブログ村

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

※ご利用の際は事前に最新情報のご確認を

 

カテゴリー: エクスプローラー・コレクション | ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン その3 はコメントを受け付けていません。

マリオットリワード・プラチナエリート・ステイタス

引き続き、マリオットAPの「エクスプローラー・コレクション」というオプションを利用し、ベトナム・ホーチミンシティにある「ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン」の滞在記です。

 少々話題が外れますが、マリオットホテルグループには無料で登録できる「マリオットリワード」という会員組織があります。ホテル経営会社は、利用客の囲い込みを目的として会員を組織化していることが多いです。
ヒルトンには「ヒルトンHオナーズ」、国内ならAPAホテルの「APA会員」などがあります。そして、ヘビーユーザーには利用頻度に応じてランク分けを行い、様々な特典を用意しています。これは、エアラインのゴールド、ダイヤモンドといったランク分けに似ていて、各ステイタスによりラウンジへのアクセス権を得られるなどの特典があります。

私は、マリオットリワードのプラチナエリートのステイタスを得ています。 プラチナエリートの特典については、こちらをご参照下さい。(別リンク)
通常プラチナエリートになるには、1年間(暦年)に50泊以上の実績が必要です。
ただし、マリオットAPの「セレクト」以上のランクの会員に特典として付与されます。そして、プラチナエリートの特典で一番嬉しいのは、「クラブラウンジ」へのアクセス権です。なお、ラウンジへは会員本人と同伴者1名を帯同できます。

今回の宿泊において、プラチナエリートで得られた特典を以下にあげてみます。

・客室の無料グレードアップ
予約時はシティビューのキング1台の客室が、当日にリバービューのダブルの客室へグレードアップされていた。

・ラウンジでのチェックイン/アウト
GFでの混雑したレセプションでなく、上層階にあるラウンジにて座ってゆっくり手続きができた。

・ラウンジの利用
朝食、夜のバータイム、その他アイドリングタイム(ティータイム)をラウンジでゆったりと過ごせた。


眺望の良いリバービューの客室


フォー、玉子焼きが好みの具材でオーダーメイド




 
バータイムではおつまみ、ビール等のアルコールが自由に

以上の通り、マリオットAPの「セレクト」ランク以上の会員になれば、マリオットホテルを利用した時でも素晴らしい特典が利用できます。 プラチナエリートのステイタスを得られるだけでも価値がある、といっても過言ではないと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ

にほんブログ村

※ご利用の際は各自にて事前に最新情報のご確認をお願いします。
本サイトで使用している画像・記事等のコンテンツの無断転用は固く禁じます。
サイト内コンテンツに関連した損害が発生してもサイト管理人は一切責任を負いません。

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

 

カテゴリー: エクスプローラー・コレクション, マリオットリワード | マリオットリワード・プラチナエリート・ステイタス はコメントを受け付けていません。

ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン その2

マリオットAPの「エクスプローラー・コレクション」というオプションを利用し、ベトナム・ホーチミンシティにある「ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン」に泊まりました。

 

ホテルのロビーに入ると、建物の中が吹き抜けになっておりベトナムの雰囲気が演出されていました。

(部屋はベッド2台のダブル-ツイン-仕様)
最初に予約した時は、シティサイドのベッド1台-キング-仕様の客室とのことでした。とりあえずベッド2台をリクエストしておきましたが、結局眺めの良い川側のベッド2台の部屋だったのでリクエストが叶って良かったです。

 

シティホテルのため、タイムシェアのような広さはありませんが、快適に滞在するには十分な広さだと思いました。 次回も滞在記を続けます。

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ

にほんブログ村

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

※ご利用の際は事前に最新情報のご確認を

 

カテゴリー: エクスプローラー・コレクション | ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン その2 はコメントを受け付けていません。

ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン

マリオットAPには、世界約60ヶ所の「マリオット・バケーションクラブ リゾートヴィラ」の他に、「エクスプローラー・コレクション」というオプションがあり、約40ヶ所のマリオットグループのホテル(マリオット、シェラトン、リッツ・カールトンなど)にポイントを使用して宿泊することができます。
今回はこのオプションを利用して、ベトナム・ホーチミンシティにある「ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン」に行きました。

(リーズナブルなのに快適なFSC)
初めて訪ねる国へは、「その国を代表するキャリアを利用する」という個人的なこだわりがあり、今回ベトナム航空を利用しました。初搭乗です!!
後の投稿で補足しますが、このベトナム航空はFSCなのにLCCなみの運賃でビックリ。機材も新しいし、食事もおいしいです。口コミサイトなどの評価も良い方だと思います。
飛行時間は成田から5h45mです。なお、時差は2hで日本が進んでいます。

機内食(エコノミークラス)

(空港からホテルへ)
空港からホテルへはタクシーを使いました。渋滞等がなければ約15~20分くらいです。

(5つ星)
ホテルのメインゲートにこのような表示がありました。「5つ星」とはこれからの滞在が楽しみです^^

次回から滞在記を投稿予定です。


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ

にほんブログ村

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

※ご利用の際は事前に最新情報のご確認を

カテゴリー: エクスプローラー・コレクション | ルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴン はコメントを受け付けていません。

世界ホテル最大手のマリオットグループが日本へ本格進出か?

マリオットと積水ハウス 「道の駅に訪日客ホテル=農村リピーターを開拓=」

世界ホテル最大手の米マリオット・インターナショナルと積水ハウスは、地方の「道の駅」に併設して訪日外国人客向けホテルを展開する。自治体と連携して各地の特産品や文化を生かして集客する。2020年以後にまず京都府などを手始めに約15施設を設ける。訪日客の増加が見込まれる地方では宿泊施設の整備が遅れており、農村部を訪れるリピーターなどの需要を開拓する。(中略)マリオットと積水ハウスは、大阪市で「セントレジデンス」、京都市で「ザ・リッツ・カールトン」ブランドの高級ホテルを開業した実績がある。
=マリオット・インターナショナル=
米国を拠点とするホテル世界最大手。2016年に「シェラトン」などを展開していた米スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドを買収し、現在は約130カ国・地域で約6700施設を展開する。日本では「ザ・リッツ・カールトン」「シェラトン」「ウェスティン」などのブランドの高級ホテルを運営している。

以上、2018.11.8 日本経済新聞朝刊より引用


↑シェラトン・グランデ・トーキョーベイ

確かに最近、マリオットの国内の出店活動が活発化している。それもコンセプトが都市に特化したラグジュアリーの枠にとらわれない多様なスタイルで展開している。今回の報道もその代表例となるだろう。
軽井沢や伊豆などのリゾートホテル、東京錦糸町と大阪心斎橋にはカジュアルな宿泊特化型ホテル「MOXY」などを既に運営開始している。

世界最大手のホテルグループが、今後日本国内にも積極的に展開していくことになれば、マリオットの会員権を保有している恩恵が増していくことも期待できるだろう。

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

カテゴリー: ザ・リッツカールトン・クラブ・リゾート, スターウッド | 世界ホテル最大手のマリオットグループが日本へ本格進出か? はコメントを受け付けていません。

『マリオットバケーションクラブ』プーケットでの滞在 まとめ

今回は「マリオットバケーションクラブ」のプーケットでの滞在を自分の備忘録としてまとめてみました。

(施設)
プーケットでは、「マリオット・プーケット・ビーチクラブ」と「マリオット・マイカオ・ビーチ」の2つがある。
プーケット・ビーチクラブはJWマリオットホテルと共用のため、広大な敷地に低層の建物がゆったりと配置され、プールやレストランなどの設備も充実している。また、アンダマン海に面しているためビーチリゾートとしは最高のロケーションとなっている。
マイカオ・ビーチは単独の建物でコンパクトなリゾートホテルといった感じ。1Fはプライベートプール付の客室で直接メインプールへアクセスが可能。また、隣がショッピングモールの「タートル・ヴィレッジ」なのでとても便利。敷地はビーチに接していないが、徒歩5分くらいで行ける。また、メインプールはシンプルな形状なので、使いやすくゆったりできる。

(移動手段)
空港や島内の移動は基本的にタクシーを利用。繁華街パトンビーチへは有料のシャトル(大型バン)がリーズナブル。
施設周辺は無料のシャトルが巡回している。
空港では、タクシーの運転手に「マリオットマイカオ」と告げること。島内には他のマリオットホテルがあるので間違いを避けるため。

(食事)
どちらの施設にもフルキッチンが付いているが、タートル・マートは品揃えは少ないので現地で十分な食材の調達は難しい。自炊する場合は予め持参するか、他のエリアのスーパーマーケットでの調達が必要。
少人数の利用であれば、外食の方が手間がかからないし安く済む。

(まとめ)
プーケットのマリオットバケーションクラブは、島北部のマイカオビーチエリアにあり空港からのアクセスは良い。ただし、繁華街のパトンビーチや旧市街地のプーケットタウンへは距離があるため、有料シャトル(大型バン)等の車での移動が必要。
アクティブな方よりも、ひとつの場所でゆったり過ごしたいという方にはおすすめのリゾートであると感じた。
また、現地スタッフが笑顔で感じが良い。(さすが微笑みの国) ドアに不具合がありフロントへTELしたら、すぐにメンテナンススタッフが対応してくれた。

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

※ご利用の際は事前に最新情報のご確認を。

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

カテゴリー: マリオット・マイカオ・ビーチ | 『マリオットバケーションクラブ』プーケットでの滞在 まとめ はコメントを受け付けていません。

『マリオット・マイカオ・ビーチ』の利用 その3

今回はホテルの設備等をご紹介します。


↑メインプール

メインプールはプーケット・ビーチクラブに比べてとても空いていました。
プールの形状がシンプルな長方形なのでスイミングを楽しめます。
また、パラソル付のサマーベッドも十分な台数が配置されています。


↑車寄せ

車寄せとレセプションは、JWマリオットと共用しているプーケット・ビーチクラブに比べるととてもコンパクトです。


↑白を基調とした明るい外観


↑今回宿泊した客室

今回宿泊したプライベートプール付の客室から直接メインプールへ出入りできます。

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

※ご利用の際は事前に最新情報のご確認を。

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

カテゴリー: マリオット・マイカオ・ビーチ | 『マリオット・マイカオ・ビーチ』の利用 その3 はコメントを受け付けていません。

『マリオット・マイカオ・ビーチ』の利用 その2

今回は客室内部をご紹介します。


↑ダイニングテーブルでは象さんがお出迎え

プーケット・ビーチクラブと同様、玄関に入ると踊り場のようなスペースがあります。そして、リビングダイニングへと続きます。


↑広々したリビングダイニング


↑フルキッチンには大容量の冷蔵庫と壁掛時計



↑マスターベッドルームの外はプライベートプール


↑マスターベッドルームのバス


↑ゲストベッドルームはダブル(ツイン)仕様


↑ゲストベッドルームのバス


↑洗濯機・乾燥機

マイカオ・ビーチの客室は、プーケット・ビーチクラブよりもすっきりとスタイリッシュな内装であると感じました。また、プーケット・ビーチクラブは広大な敷地と熱帯植物に囲まれた戸建風ヴィラの雰囲気。一方でマイカオ・ビーチはコンパクトにまとまっているリゾートホテルという雰囲気。
どちらが良いかは、利用者それぞれの好みによると思います。

次回は、ホテルの施設等をご紹介します。

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

※ご利用の際は事前に最新情報のご確認を。

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

カテゴリー: マリオット・マイカオ・ビーチ | 『マリオット・マイカオ・ビーチ』の利用 その2 はコメントを受け付けていません。

『マリオット・マイカオ・ビーチ』の利用 その1

プーケットのマリオットバケーションクラブには「マリオット・プーケット・ビーチクラブ」のほか、もうひとつ施設があります。それが「マリオット・マイカオ・ビーチ」です。

場所はタートルヴィレッジに隣接していて、JWマリオット及びプーケット・ビーチクラブからは徒歩で往来できます。また、プーケット・ビーチクラブをチェックアウトする際、「今日からマイカオ・ビーチに滞在する」旨をカートのポーターに話したら、荷物をカートに載せたまま待機していてくれたので、移動がスムースにできました。
本来16時のチェックインでしたが、予約したプライベートプール付のヴィラがこの日ちょうど空室だったので、すぐにチェックインしても構わないということになり良かったです。

部屋は2BR/2BAのプライベートプール付ヴィラ。プライベートプールといってもミニプールというかジャグジーを大きくしたようなもの。1Fにあるのでテーブルとチェアがセットされている庭があり、直接メインプールにアクセスできるのが便利でした。


ただ、このプライベートプールはとても水深があります。おそらく2Mくらいはあるかも。なので、子供連れのファミリーはくれぐれもお子さんから目を離さぬようご注意下さい。

次回は、客室内部をご紹介します。

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

※ご利用の際は事前に最新情報のご確認を。

[広告] マリオットAPはリセール(中古売買)がお得!!会員権仲介はリプロまで

カテゴリー: マリオット・マイカオ・ビーチ | 『マリオット・マイカオ・ビーチ』の利用 その1 はコメントを受け付けていません。